看護師が転職先探すなら職場環境や勤務形態など条件を事前にチェック!

総じて看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。
具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。
こういった長時間労働の現実も世間的に、看護師として働くことがハードだと思われやすい理由になっていると思います。
看護師の資格をもらうための国家試験は、1年に1回行われます。
看護師が不足していることが問題となっている日本という国にとっては喜ばしいことに、ここ数年、看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保った状態です。
看護師の国家試験は、大学のような選抜するための試験ではなく、一定のラインに達することができればパスが可能な試験です。
看護をする人の転職を上手にするためには、これからのことを考えて早めに動きだすことが大切です。
また、何に重きをおくのかを固めておいた方がいいでしょう。
これからどうなりたいかをはっきりして、そのビションに合った次に働く先のインフォメーションを少しずつ収集してください。
一年の収入、職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も考察しておきましょう。
主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、一般企業においては課長の役職相応でしょう。
普通に課長職といっても、その年収がそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。
あるいは、公立と民間、都会と田舎といった差が収入に違いを生んでいます。
ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、約750万円と推測できます。

看護師転職の求人が多い時期は?失敗する前に確認【病院選びのコツは?】